人気ブログランキング |

StarsPhoto 3.0.0 取扱説明

Stars Photo スターズフォト のメジャー(笑)バージョンアップ3.0.0、みなさんアップデートはお済みでしょうか。

もともと星景写真の初心者にも使いやすいアプリを目指して開発したのですが、今やマニアにもウケる機能が満載です(www)
それでは今回の新しい機能をご紹介します。

・天体検索機能
一般的なプラネタリウムアプリにも付いている機能ですが、検索のしやすさ、シンプルさが目玉です。
ルーペマークを選択してください。
やはり星景写真の構図決定に重要な星座の検索が最初にきています。小さな星座や南半球の星座はベテランでもなかなかわからないものですが、地平線より下の星座も薄い色で表示されており、選択できます。
恒星、惑星はもちろん、星雲も表示選択していれば、選択肢に現れます。

b0400557_00054432.jpeg

三角マークの方向に目的の天体があります。
b0400557_23440280.jpg
中央に目的の天体が来ると三角マークが消え、サークルの色がピンクに変わります。
b0400557_23440255.jpg
・星雲画像検索機能
このアプリの性格上、必要なのかどうか、は置いておいて、星雲の記号を長押しするとポップアップウインドウが現れます。
画像検索の窓でして、近くにある星雲の名称が並んで表示されますので、みたい星雲を選択してください。
b0400557_23435316.jpg
Google画像検索を行って、目的の星雲の画像が現れます。あくまで画像確認用です。
中望遠レンズだと存在する星雲の形状がわかると便利です。
b0400557_23435394.jpg

・散光星雲(輝線星雲、主にHα線)表示

Hα線=656.3nmなど水素ガスが電離させられて輝線を発している散光星雲を輝線星雲と言いますが、昔から肉眼では見えないものの、カラーフィルムに赤く写るガス星雲は写真でしかみられない星雲として人気があります。
当然、デジカメでも映りますが、特に天体用カメラとして発売されているニコンD810AやEOS60Da、そして改造デジカメでこの赤い星雲はよく映ります。
今回は写真撮影支援アプリとして、カメラにだけ写る散光星雲を表示する機能を設けました。
b0400557_23440222.jpg
天体用カメラの表示
b0400557_23440286.jpg
一般カメラの表示
b0400557_23440253.jpg
非表示=肉眼で見た状態
b0400557_23440345.jpg
夜間モード時には輪郭で表示されますので形状がわかりやすい。
b0400557_23440377.jpg
例として、オリオン座の周囲を囲むバーナードループや、オリオン星雲、天の川の中にあるバラ星雲などが有名です。
合計20分の位置合わせ合成(スタック)です。
b0400557_14484964.jpg
同じ写真でも、露光時間が短いとなかなかよく見えません。違いがよくわかると思います。
20秒露出です。
b0400557_22264170.jpg
Hα散光星雲は、目では見えませんので構図決定に役立ててください。


by nahooh1 | 2019-05-28 23:46 | Starsphotoマニュアル | Comments(0)