人気ブログランキング |

StarsPhotoを使う3

2-2.視野枠表示
⑥の視野枠表示ボタンを押すと以下のように切り替わります。
下のスライドバーで使用するレンズの焦点距離を選びます。
閉じるで戻ります。
b0400557_23210870.jpg
閉じるボタンの下にある工具ボタンを押すと以下のような設定画面になります。
視野枠の表示オンオフと、使用するカメラのセンサーサイズ、静止画か動画によってアスペクトが違うのでその選択ができます。
焦点距離は先に設定したスライドバーと同じですが、135mm以上の設定も可能です。ただしスマホのセンサ精度が±1度程度なので誤差に注意してお使いください。

b0400557_23212220.jpg




2-3.ナイトモード
⑦のナイトモードボタンを押すと暗所で目がくらまない赤色表示になります。
戻す時も同じ操作をします。
b0400557_23224485.jpg

2-4.水準器表示
⑧水準器ボタンを押すと以下のようなフキダシがでます。
縦構図か横構図かを選択します。
b0400557_14220486.png
縦構図を選択するとこのような画面になります。
スマホから見て赤矢印の方向に回します。

b0400557_14220783.png
水平が出ると赤く変わります。
b0400557_14220694.png

横構図にすると以下のように表示されます。
スマホアイコンが横になるように回転します。

b0400557_14221618.png
スマホアイコンが赤くなると水平が出ています。
b0400557_14221751.png

補足
星雲の表示が、系外銀河、散光星雲、惑星状星雲、星団などに分類されています、ご参考に。
b0400557_14221989.png

このアプリを上手に利用して良い星景写真を撮ってください。


by nahooh1 | 2019-02-11 18:55 | Starsphotoマニュアル | Comments(0)