人気ブログランキング |

横浜でStarsPhotoを使う

明るい都会の夜空では、星の構図を決めることは困難です。そういう環境で「StarsPhoto」がどのように使えるのか試してみました。

ここ数日、やっと秋晴れになったのですが、満月期なので遠出はせず、地元横浜で夜景を撮ることにしました。ここは昔の武蔵國と相模國の国境で、分水嶺にあたります。尾根なのでここから富士山が昔からよく見えました。今は東戸塚駅の高層ビルが富士山にかぶりますがきれいに見えていました。
b0400557_22294979.jpg

ここで星景写真を撮るとどうなるか、「StarsPhoto」AR機能でシミュレーションしました。
街中ですが、画像処理で天の川を狙ってみようと思います。
矢印の先に富士山が写っています。20時くらいがちょうど良さそうです。
b0400557_22295007.jpg
その時刻に、カメラの構図を決めるのにもアプリを使います。
肉眼では2等星が見えるかどうかの空だったので、カメラのファインダーやモニターでは全く星が見えません。

b0400557_22331000.jpg
撮影画像です。ベガとアルタイルが並んで写っています。
アプリ通りの構図になりました。
b0400557_22294041.jpg
ただ全てうまくいくことはなくて、モヤが出ていたため肝心の富士山や丹沢山が全く写りません。
15秒、絞り3.5、ISO400をSEQATERで30枚スタックしました。総露光時間が短く、モヤもあって天の川は分かりませんが、街中でも多くの星が写りました。
b0400557_22294031.jpg

b0400557_21145579.jpg


近くの旧東海道、権太坂からも富士山がよく見えます。
先ほどと同じく昼間にAR機能でシミュレーションしました。
b0400557_22294987.jpg
結果は星の構図はバッチリですが、富士山は写りませんでした。。

b0400557_22294096.jpg

b0400557_21141821.jpg


近所の神社でも撮影しました。
b0400557_22293972.jpg

横浜でも結構星が写ることが分かります。
街で広角レンズで星景写真を撮るには「StarsPhoto」が便利ですよー。







# by nahooh1 | 2019-11-20 22:34 | Stars photo 使用記 | Comments(0)

StarsPhotoLite-星を見よう ご紹介します

「StarsPhotoLite-星を見よう」は「StarsPhoto -星を撮ろう」のライト版です。




Get it on Google Play


アプリストアへの紹介文はあまり見てもらっていないかもしれないので再掲します;)。

b0400557_20464675.png




“旅先で見たきれいな星空、どこのどんな星や星座を見ているのかなんて星座早見盤も真っ暗で見えないし、ガイド本だって難しくてわからない!”そんなあなた。

StarsPhotoLiteは星空が簡単にわかる、いままでのプラネタリウムアプリとはちょっと違う新しいアプリです。
スマホ画面が星座早見盤に早変わり。今、向いている方向の星空がわかります。

天の川がどこに何時に見えるかは簡単にシミュレーション、星座や星の検索をすれば、自然とその方向に導いてくれるガイド機能や、星雲や彗星の写真も見ることができます。それが小さなスマホ画面でも操作しやすいように大きめのアイコンボタンやメニューボタンになっています。

また、ベテランの星景写真を撮る人、天体のタイムラプス動画をとる人にも有効なタイムラプスシミュレーション機能があります。
数分後、数十分後の星の移動位置がわかり、どのくらいの時間、何枚撮影するか前もってどのような位置に星座があればいいかすぐにわかります。

StarsPhotoLiteを入れたスマホを夜空に向けてください。
星空はいつでもあなたとStarsPhotoLiteを待っています。

b0400557_20465281.png


特徴

1) AR機能により、景色と星の位置関係がわかりやすく表示されます。

b0400557_20474019.jpg

2)星座名、星座線、赤経赤緯線、方位、高度線、地平風景など各種表示切替もあり、通常のプラネタリウムソフト機能も豊富!

b0400557_20455765.png

3)豊富でわかりやすい検索機能
星座や星の名前を検索すると、画面上のガイドを見ながら自然にその方向へ誘導。さらに星雲やその時見える彗星も検索可能です。

b0400557_20465995.png

b0400557_20470339.png




4)見て楽しい星雲、彗星画像検索
肉眼で見ることはできない星雲や、今太陽系を訪れている彗星も画面に表示。その画面上を長押しすると自動的にインターネット上にある写真を検索してくれます。(インターネット接続が必要)

b0400557_20460653.png

b0400557_20461130.png


5)タイムラプス長時間露光星景支援機能
タイムラプスだけでなく、比較明トレール写真のような長時間露光撮影を支援する「タイムラプスシミュレーション」!
構図の中でどのように星が動くかあらかじめ確認できるので、撮影後に狙った星が構図から出てしまったといった失敗がなくなります。
撮影露光時間と動画作成時のスピード(fps)を設定できるので完成時の動画のようにシミュレーションできます。

b0400557_20454822.png


*使用マニュアルはブログにて公開中
https://starsphotonahooh.exblog.jp/i2/

******************************

(以下はフルバージョンのStarsPhotoの機能です。画像のような表示が出ます。)
A)カメラ、レンズの画角表示!しかも、中心位置だけでなくカメラの回転も連動!これで構図を決められます。星が見えない暗いカメラのモニタ、ファインダーを見なくともスマホ画面を見ながら構図位置決めができます。

b0400557_20462232.png

b0400557_20462797.png



B)スマホをカメラに水平に設置!いままでのように空にかざして見上げながら首が痛くなることはなしに、画面を上からのぞき見て楽に構図は決められます!!
これはカメラにスマホを取り付けた状態で星座が確認できるもっともよい方法です。
しかも精度は高精度。(スマホ性能に依存します)
スマホ向きは変更可能(水平、垂直)なので従来通り見上げながらの使用もできます。

b0400557_20461790.png

# by nahooh1 | 2019-10-22 20:53 | Starsphotoマニュアル | Comments(3)

StarsPhotoLite-星を見よう リリース!

StarsPhotoLite-星を見よう リリース!

StarsPhotoのフルバージョンから、「フォト」モード、視野枠機能、水準器機能を除いたライトバージョンです。それでも他の機能はそのまま。ARカメラ機能も付いています。それでいて無料アプリです!!
この機会にぜひ使ってみて、さらにフルバージョンにステップアップしてみませんか?
b0400557_20484373.jpg

b0400557_20481716.jpg
こちらからダウンロードしてください。



Get it on Google Play


# by nahooh1 | 2019-10-17 20:54 | Starsphotoマニュアル | Comments(0)

タッチモードのモーション切り替え

タッチモードに切り替えると、左上のモードアイコンが図のように切り替わります。
この時、撮影視野枠は固定されており、星図が自在に動き、左右上下、回転します。

b0400557_22363096.jpg
ところが、星景写真の場合は地平線に平行に構図を決めたいし、星野写真では赤経赤緯線に平行に構図を決めたいので回転がわずわらしい時があります。
そんな時には、モードアイコンを長押しします。
すると図のような選択肢が出てきます。
b0400557_22363586.png
天頂中心モードは、地平線に平行に視野枠が保たれて星図が移動します。
星景写真に最適なモードです。
b0400557_22364010.png
極軸中心モードは、赤経赤緯線に平行に構図枠が保たれます。
したがって、図のように視野枠に対し、地平線は傾きます。
b0400557_22364478.png
例えば、図のようにペガサスの四辺形を視野に入れると、ちょうど平行になるようになります。
星野写真の場合、構図を赤経赤緯に揃えることが多いので、便利に使えます。
b0400557_22364902.png
なお、この機能は以前より装備されていましたが、筆者が忘れていました;)。
ぜひ使ってみてください。




# by nahooh1 | 2019-08-27 22:49 | Starsphotoマニュアル | Comments(0)

StarsPhoto3.2.1はAR付き

StarsPhotoはV3.2.1になりました。
今回、AR=拡張現実機能がつきました。星景写真のロケハンに便利な機能ですのでぜひ使ってみてください。

ARは「プラネタリウムモード」でのみ機能します。モードを切り替えたら、その下にボタンが表示されますのでオンにします。
するとスマートフォンのカメラが起動してプラネタリウム画面に重なって表示されます。
ARカメラ表示の明るさはその下のスライダーで調整できます。
なお、地面表示や青空表示はオフにした方が使いやすくなります。

b0400557_21004481.jpg
プラネタリウムモードでは視野枠表示がオフになっていますので、視野枠ボタンを押して、右下の設定ボタンを押してから、視野枠表示をオンにしてください。

b0400557_18542505.png
ARカメラ表示の大きさは、カメラの画角を検知して自動的に大きさを調整し、星図上に重ねて表示されています。
この例では、スマホカメラの画角はAPS-C24mm(35mmフルサイズカメラ換算で36mm)ですから、上図ではAPS-C24mm視野枠に重なっています。
下図のように、視野枠の焦点距離を14mmにしても、AR表示の大きさはそのままです。
b0400557_18542682.png
この状態で、左下ボタンのタイムラプスシミュレーターが使えます。(V3.2.1にバージョンアップしてください)
ですから、昼間明るい時間にロケハンで良い前景に出会ったら、その日の夜の星の位置がシミュレートできますから、撮影計画を立てやすくなります。

b0400557_18581520.jpg
上図のように天の川の位置や、月の位置もわかりやすく表示されます。
この例では実時間の表示なので、下の写真の空には、実は天の川が見えていることもわかります。
また、月の位置が、写真とプラネタリウムが合っていることもわかっていただけると思います。
b0400557_18580888.jpg
使い方は以上ですが、拡張現実の機能は、昼間の金星や月の位置がすぐわかるので、金星日面通過や日食のシミュレーションなどいろいろな使い道があると思いますので、皆さん楽しんで使ってみてください。

注意:太陽を長時間ARカメラで撮影すると故障の原因になりますので、避けてください。

8月16日追記:スマートフォンによってはカメラレンズデータがExifに正しく反映されていない機種があり、AR画面に誤差が大きい場合があります。あくまで構図の参考にして、本番は試し撮りをしてください。





# by nahooh1 | 2019-08-12 19:01 | Starsphotoマニュアル | Comments(0)